coupefeti.exblog.jp
Top

デコレーションスイーツとキャラケーキの教科書
絶賛発売中( ゚∀゚)


Coupe Junkiesのパン
絶賛発売中( ゚∀゚)


coupe feti ビビアンのこだわりパンレシピ

レシピブログで連載中

バゲット専門似非パン職人。
by carlos_vivian
カテゴリ
以前の記事
ライフレークプルマン
f0149855_22552214.jpg

泣く子もダマる、e-パン工房のレシピで作った『全粒ライ麦食パン』。
食パンの中で一番好きや~(ノ゚∀゚)ノ

今回はレシピよりも水分ちと多目で作ったら、めちゃめちゃおっさん好みに出来上がった。プルマンはあんまり焼きすぎるのは好きでないんで、腰折れ寸前の水分量と焼き加減の微妙なバランスが大事である(嘘。たまたまや笑)

f0149855_22554025.jpg

焼き立ての端っこを切って、やわらかめのバターをヌォーと塗るだけでウマい。
色の濃い皿にパンをのっけるとおいしそうに見えるのはワタシだけか?!





『18時35分に着くから』というメールを受け取ったので、娘を保育園に迎えに行ってから、大急ぎで息子を乗せたベビーカーを走らせる。

Carlosが会社から早く帰る時で、ちょうど娘のお迎え時間と重なる時は、大抵そのまま駅までCarlosを迎えに行く。今日は初めて息子も一緒だ。

3人で大慌てで駅まで行くと、Carlosが煙草をふかして待っていた。娘が『ダーダーお帰りぃ~』と叫ぶと、こちらに気付き、煙草を消して歩いてくる。

ほんのり涼しくなった夕方、8月1日。5年前、大阪駅の雑踏の中に初めてCarlosを見た時、『初めまして。』と言った、Carlosの声を聞いた時。その時ものすごく衝撃的だったので今でも良く覚えている。一瞬、今日Carlosを迎えに行った時に思い出した。

その後一緒に暮らし始め、『この人に結婚は似合わない』と思っていたにもかかわらず、ワタシは妻となり、現在2人の子供に恵まれて、毎日パンを焼いて暮らしている。そしてCarlosの『Carlosらしさ』は5年前と少しも変わらない。変わったのはワタシの体重と、態度の大きさであろう(笑)

毎日が『当たり前』であるという事が、とても幸せなのだと改めて思う。Carlosと出逢えたからこそ、この『当たり前』の毎日なのだ。

赤パンでバカラのブランデーグラスが似合う(笑) Carlosに感謝。
[PR]
by carlos_vivian | 2008-08-02 00:13 | Bread

<< 手打ちうどん トマトといかの冷製パスタ >>


物欲への窓口(ΦωΦ)











リンクはご自由に貼ってやってください。

技術的なご質問にはお答えできません。申し訳ないですがご遠慮ください。

メールはこちらからお願いします!
その他のジャンル
画像一覧
検索
ブログジャンル